上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月中旬から下旬の間に送られてくる予定だった商品が今日届きました。
早いな。おい。

もうテンション↑↑です。まるでクリスマスにプレゼントをもらった子供のごとくです。


WA製【SVI】インフィニティ3.9/09

画像 974



ガスガンを始めて作ったのが「ウエスタンアームズ」。ガスブローバックの真髄を他のメーカーに見せ付けるために付けられた名前が「マグナブローバック」

俺の買ったのは3.9インチのハイキャパシティガン。5.1や4.3は結構あるけど3.9はなかなかないのです。

この銃は渋谷試作
今後ももっといい機能を持ったタイプの3.9が発売するかもしれないし、しないかもしれない。
出ない不安があるなら買うしかない!!と思い手を出しました。

他のメーカーからのカスタムパーツ販売を嫌うWAは最初からメタルパーツをふんだん使用している。

美しい輝きを魅せるコーンバレル!!

画像 987

インナーバレルは最初からΦ6.03mmと精密。
マルイは6.08mm。ライラクスのカスタムインナーバレルは6.03mm。
HOPは固定。ってか可変でも調節は面倒。分解して六角レンチが必要となる。

チラッと見えてるけど赤いトリガー!!
カスタムパーツを嫌うWAは初めから何個もトリガーを用意している!!

画像 978

WAに未熟は俺は初日早々トリガーを痛めてしまいましたが;;
カメレオンに持っていってトリガー変えてもらおうかな。分解方法とか調べたけど、トリガーって分解最終部分にあるっぽいんだ・・・。

分解して組み立てられないのは嫌だし。なんか試しに分解できるガスガン欲しいな。

噂どおりと言いますか。メタルへの処理が若干雑でした。
まぁそれは使用感があると見て許しましょう。
あとスライドを磨くと研磨後の粉?が残ってるのがわかりました。
最初の画像の通り、フラッシュに反射しているシミ(液体のまま放出されたガス)をフキ取ろうとしたら粉も取れてよかったです。

シャーシ部分は亜鉛合金だっけな・・・。まぁ金属製で重たいです。
3.9って珍しいって言ったけど。デトニクスのが小さいです。

画像 992


感想

小さいわりに重すぎ・・・。900gってコンパクトガンの重さじゃないよ。マルイのハンドガンなんて800とか700代だぜ。
撃った時のキックが強く、ダブルタップができるのが嬉しい。音も非常に重く強い感じがある。
レースガンとしては・・・コンパクトの時点でどうだろうかと思うが。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。